カードローンの返済方法にはどのような種類がありますか

カードローンの返済方法には、大きく分けると分割払いとリボルビング払いの二つがあります。さらに、分割払いには、元金均等払いと元利均等払いがあり、リボルビング払いには様々なバリエーションがあります。分割払いについては、銀行の住宅ローンなどでお馴染みですが、元利均等払いを利用すると毎月定額で返済できますので返済計画が立てやすく、住宅などの大きな金額の場合にはこちらが多く利用されています。ただし、利息を少なくしたいのなら、当初の支払額が大きく徐々に減っていく元金均等払いが向いています。
しかしながら、いつでも借り入れ自由なカードローンには分割払いは向いていないため、基本的にはあまり採用されていません。最も多く利用されているのはリボルビング払いです。その中でもスタンダードとなりつつあるのが残高スライドリボルビング払いです。この方式は借入総額に応じて月々の支払額が変更される方式です。例えば、残高が50万円の場合には2万円の支払い、残高が30万円になると1万円の支払いというように残高が減少するにつれて支払金額が減少していきます。
残高スライドリボルビング方式は、支払額が減少することで利用者にとっては得した気分になるのですが、実際にはそれまで支払っていたペースを遅らせることになるため長期間の利用となり、結果として負担すべき金利が増大することになります。利用者にとっては、この方式を利用する際には随時利上げ返済をすることが必須条件となります。