所得証明不要でカードローンを契約する方法

カードローンのサービスを提供している金融機関には、銀行、信用金庫、信販会社、消費者金融などがあります。このうち、信販会社と消費者金融のカードローンには貸金業法が適用されますので、50万円を超える借入をする場合もしくは貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合には収入証明書の提出が義務付けられています。銀行と信用金庫で借りる場合には、貸金業法は適用されないので、金融機関によって所得証明書が必要だったり、不要だったりします。銀行によって、「100万円を超える場合には所得証明書が必要」などとなっていることがあったり、300万円を超える場合でも所得証明書が不要となっていることもあるので、あらかじめ公式サイトなどで確認をしておきましょう。

他社からの借入もなく、50万円以下のお金を借りる場合ならば選択肢はたくさんあります。50万円を超えるお金を本人確認書類のみで借りたい場合には、銀行や信用金庫で借りることになるでしょう。最近では銀行でも即日融資に対応していますし、金利も低いので、銀行が良いかと思われます。しかし、審査は厳しいと言われているので、普段からクレジットカードの支払いなどで延滞をしている人は厳しいかもしれません。

少額の融資を受けて短期間で返済をしてしまうなら、金利はそれほど重要ではないので消費者金融で手軽に借りてしまうのがおすすめです。限度額の高いカードローンを所有していることはリスクもあるので、最低限の希望額にしておきましょう。