銀行のキャッシングの方が金利がお得

急に転勤や引越しなどが決まり、お金が必要になったけれど、貯金が全然ないので困っているという方があれば、銀行からキャッシングをして、必要な金額を手に入れることをおすすめします。
50万円以下なら収入証明書の提出が不要なところが多いため、気軽に申し込みが出来ますし、安定した収入さえあれば、パートやアルバイトの方でも利用できるので、審査で落とされる心配もありません。
申し込みの際は本人確認書類として、運転免許証や健康保険証は必要ですが、担保や保証人のようなものはいらないので、困ったときはいつでも頼るようにしましょう。
それに銀行のカードローンは、消費者金融に比べると金利が低いので、短期間で返済を終わらせることが出来るというのが魅力です。
消費者金融のローン金利の平均は18%ほどだといわれていますが、銀行の場合は15%ほどなので、長期で借りてもそれほど大した利息が付かず、返しやすくなっています。
このことについてはネット上の体験談にも書かれてあるので、実際に銀行と消費者金融のキャッシングを利用した人の話を読みたい方は、パソコンやスマートフォンで探してみるとよいでしょう。
実際に両方を試した人の体験談を読めば、これから借入したい人の参考になるので、暇なときにチェックするとよいですね。
銀行のカードローンの利用法は、店舗やオンライン、電話などで申し込むだけなので簡単ですから、引越し費用を手に入れたいときは利用するようにしてください。