キャッシングの限度額は年収の3分の1までです

消費者金融などの貸金業者からキャッシングすることができる限度額は、以前は制限が定められていませんでした。提出した書類の収入や信用記録を見て消費者金融側が貸す金額を決めることもできましたが、現在では年収の3分の1の金額までしか借りることができなくなっています。これは貸金業法によって定められていて、この金額以上の貸し付けを行うことは出来ないとされています。この金額は1社あたりではなく、複数の会社から借り入れを行う場合にでも貸金業者から借りられるのは年収の3分の1までと決められています。
しかし、中にはこの制限がないものもあります。それは、銀行や信用金庫、JAなどで組むローンです。銀行や信用金庫、JAなどは金融機関であって貸金業法の制限を受けないため、貸付の総額が年収の3分の1以下という縛りにくくられません。そのため、高額の借り入れになる住宅ローンや複数の貸金業者からのキャッシングを一つにまとめるおまとめローンなどを利用することができるのです。おまとめローンを利用すると複数の返済日があったものが1日だけにまとまったり、金利が安くなるため返済する総額が安くなるというメリットがあります。金融機関でいくら借りることができるかというのはその人の収入と返済額のバランスや信用情報などを見て決められるので、必ずしも年収の3分の1以上借りられる、というわけではありませんが、貸金業者よりは高額の借り入れができる可能性があります。