利用者によって変わるキャッシング限度額とは

キャシングの借入限度額はキャッシング会社によって違います。また、消費者金融のキャッシングには総量規制という法律があり、年収の三分の一しか借りることができないので、借入限度額の上限を借りれるわけではありません。
例えば、年収300万円のAさんがキャッシングを利用するとします。キャシングの借入限度額は500万円であっても、年収の三分の一である100万円しか借りることができません。ただ、翌年に年収が309万円に上がれば、103万円まで増額されることになります。
キャッシングの審査は返済能力を重視するので、年収と過去の借入歴を重点的に調べます。過去に返済できなかったり、年収がなければ審査が通らないことがありますが、パートやバイトであっても返済できるだけの年収があれば問題ありません。
年収を重視するため、源泉徴収票や給与明細などの収入証明書が必要になりますが、50万円以下であれば収入証明書が不要です。
銀行のカードローンは総量規制に含まれないので、年収の3分の1以上でも借りることができ、キャシングと比べると金利が低い傾向があります。支払い方法はカードローンは分割ですが、キャッシングは一括です。リボ払いよる分割返済もできますが、その分、金利が高くなります。カードローンの方が借りるための条件が良い分、審査はキャッシングより厳しくなります。
お金の借入を頻繁にする方にはキャッシングよりカードローンの方が金利の負担が少ない分、利用しやすいといえます。